ヘッドラインニュース

厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」

 厚生労働省は23日、第25回厚生科学審議会科学技術部会を開催。平成16年度の厚生労働科学研究費補助金事業の成果についての評価を行った。今回の評価対象は4分野18事業の各研究のほか、16年度に研究が終了した課題。ヒトゲノム、がん、食品の安全性、創薬などに関する多様な研究を総括した。

関連記事

  1. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
  2. 健食広告、雑誌は減少 新聞は増加
  3. 9月度通販売上高  健食含む食料品、再び減少
  4. 都老人研、ビタミンCで老化予防
  5. 4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差
  6. 食品安全委 ビタミン類のリスク評価
  7. 健食の消費者ニーズ調査、7割が「効果」重視
  8. 食薬区分改正、食品衛生法関連通知は6月前後か
PAGE TOP