ヘッドラインニュース

厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」

 厚生労働省は23日、第25回厚生科学審議会科学技術部会を開催。平成16年度の厚生労働科学研究費補助金事業の成果についての評価を行った。今回の評価対象は4分野18事業の各研究のほか、16年度に研究が終了した課題。ヒトゲノム、がん、食品の安全性、創薬などに関する多様な研究を総括した。

関連記事

  1. TTC、「食とストレス」の研究開発に着手
  2. 厚労省、「消除予定添加物名簿」を官報告示
  3. ラクトフェリンで大腸がん予防、臨床試験で確認
  4. 沖縄健康食品市場 250億円目前に足踏み
  5. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  6. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
  7. 「健食の時代到来」 前岐阜県知事・梶原氏が強調
  8. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
PAGE TOP