ヘッドラインニュース

「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証

消費者庁は21日、「消費者基本計画」の工程表を改定したと発表した。機能性表示食品制度については、今年度に検証を行い、必要な見直しを検討する。消費者政策課の担当官は「食品表示の充実による多様な選択肢の確保が重要」と指摘。機能性表示食品について、消費者への普及啓発を進めるとした。消費者基本計画は2015年3月に閣議決定。15~19年度に取り組むべき施策を示すもので、各府省庁は工程表に従い、施策を着実・積極的に進める。工程表は年に1回改定。KPI(重要業績評価指標)も設定している。機能性表示食品については、エキス等の追加などを盛り込んだ昨年12月の検討会報告書を制度に反映させることを明記。また今年度、施行後2年間の施行状況について検証し・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 総合健康開発研究所、抗眼精疲労効果測定する試験サービス開始
  2. 健康増進法等の一部地方へ譲渡
  3. 「機能性表示」消費者庁、専門窓口設置
  4. 公取委、健食不当表示の排除に注力
  5. 機能性表示制度、都の危害報告で対応確認
  6. 健康食品規格協、GMP第1号を認証
  7. 米調査会社、20年の健食世界市場2250億ドルに
  8. 1243号(2008年7月8日号)配信
PAGE TOP