ヘッドラインニュース

SR検証でプロジェクト始動 学識者が適正性を評価

 届け出された機能性表示食品のシステマティックレビュー(SR)が正しい手順で行われているか、制度をより良くするとの視点から学識者らが検証するプロジェクトが立ち上がった。医療経済研究・社会保険福祉協会の主催により7日開催された健康食品フォーラムで、東京農業大学大学院環境共生学専攻教授の上岡洋晴氏が明らかにした。結果は論文等としてまとめるほか、国にも報告する計画。(続きは「健康産業速報」本紙で)

関連記事

  1. 癌学会、来月3日から横浜で 健食素材の研究発表相次ぐ プロポリス…
  2. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
  3. 原料原産地表示で異論噴出 消費者・事業者に「メリットなし」
  4. ビーエイチエヌ、GMP取得で受託業務強化 「3ST」を提供
  5. ハウス食品、武田食品の飲料・健食事業を子会社化
  6. 健食支出、11月の前年同月比 震災後初のプラスに
  7. アロエベラ飲料から「ベンゼン」検出 厚労省が回収要請
  8. 栄養改善学会、9月に青森で サプリ利用実態、食品機能性など
PAGE TOP