ヘッドラインニュース

日健栄協の林理事長 安全性自主基準案の一本化へ道筋 EUや米国の基準も視野に

 (財)日本健康・栄養食品協会の林裕造理事長は4月27日開催のシンポジウム(主催・薬業健康食品研究会)で、健康と食品懇話会とCRN JAPANが別々にまとめた「健康食品の安全性自主基準案」について、業界案の一本化に向けて、各団体の声を聞きながら、基準案を取りまとめる考えを明らかにした。→続きは『健康産業速報』第1124号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
  2. 農水省支援事業、葉酸高含有の「女性向け卵」開発へ
  3. 1230号(2008年5月23日号)配信
  4. 日米協議 米政府、健食規制緩和を要求 特保制度の見直しも
  5. 経産省、健食通販のアサヒ産業に業務停止命令
  6. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  7. 日健栄協、GMPの製品表示で承認第1号
  8. 協和発酵、国内製造シトルリン使用のサプリを上市
PAGE TOP