ヘッドラインニュース

食品機能性研究センターが発足 抗メタボリック症候群素材開発 評価マニュアル作成も

食品の生体調節機能に関する研究を実施する組織「食品機能性研究センター」と、食品開発担当者などに高度な機能性評価技術の研修を行う「食品機能性評価支援センター」の開所式が10日、つくば市で開催され、関係者ら約250人が参加した。センターの設置には農林水産省も深く関与しており、行政が参画して食品の機能性研究を推進する新組織として、注目を集めそうだ。→続きは「健康産業速報」第1042号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
  2. 日清ファルマなど、ピロリ菌の胃への接着因子を解明
  3. 日本CoQ1協、10品に初の認定マーク
  4. 都、健康食品データベースを開設
  5. エコナ問題、特保制度に波及
  6. フレンテ子会社とライオンが業務提携、 乳酸菌食品で特保申請目指す…
  7. 日健栄協・賀詞交歓会、「再浮上と信頼回復の幕開け」
  8. 米国、サプリメント新法が22日スタート 有害事象を報告
PAGE TOP