ヘッドラインニュース

ネット通販の利用者増加 健食支出、5か月連続2桁増 全体の底上げに寄与

ネット通販の利用世帯割合が増加傾向にあり、連動する形で健康食品の支出が5か月連続の二桁増となったことが、総務省統計局が7日に発表した「家計消費状況調査」でわかった。ネットを利用した支出総額は、昨年は8月まで前年割れが続いていたが、9月にプラスに転じ、12月に15.3%増を記録。今年には入ってから5か月連続、前年同月を2割以上上回っている。統計局では、特に食料と健康食品の増加が「全体の支出増に繋がっている」(家計消費状況調査係)と話している。統計局では右肩上がりで増加するネット通販について、今後の日本経済を考慮するうえでその把握がきわめて重要との観点から・・・

続きは紙面(2017年7月11日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. 協和ウェルネス、ビオチンの本格供給開始
  2. 不二製油、水溶性イソフラボンの採用相次ぐ
  3. 日本人、栄養表示への関心は世界最低
  4. 「健食被害検討会」発足へ 年内にも初会合 状況に応じ商品名公開
  5. アガリクスの安全性評価、ついに決着
  6. 健康増進法、消費者庁に移管 特保表示変更へ
  7. 抗疲労特保、ターゲットは「デスクワークによる疲れ」
  8. 4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差
PAGE TOP