ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進

 厚生労働省の研究班は、健康食品の有効性を科学的に証明する評価方法についての報告書をまとめた。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究成果を国民の健康維持増進に役立てることを目的に、免疫・アレルギー、がん、循環器疾患などに対する有効性を標ぼうする健食を正しく評価するための方法を検証した。

関連記事

  1. 農水省、「食品機能性評価支援センター」 来年5月メドに設置
  2. 05年輸入通関累計 クロレラ、約1300トンに 韓国・中国等 海…
  3. ケンコーコム売れ筋番付、横綱に寒天とα−リポ酸
  4. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
  5. アピ、サプリメント研究会開催 香辛料の有効性など紹介
  6. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
  7. 厚労省分科会、栄養機能食品の基準見直しで合意
  8. 米CRN調査、医師の79%が患者にサプリ推奨
PAGE TOP