ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進

 厚生労働省の研究班は、健康食品の有効性を科学的に証明する評価方法についての報告書をまとめた。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究成果を国民の健康維持増進に役立てることを目的に、免疫・アレルギー、がん、循環器疾患などに対する有効性を標ぼうする健食を正しく評価するための方法を検証した。

関連記事

  1. ビーエイチエヌ、GMP取得で受託業務強化 「3ST」を提供
  2. ODS 健食データベース刷新 収載情報7500件突破 CoQ10…
  3. 応微研が債権者説明会、「プロポリスで自力再建目指す」
  4. 1236号(2008年6月13日号)配信
  5. 特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も
  6. ダイエット&ビューティー展開幕 出展規模5割増の550小間
  7. 「健康食品産業振興検討会」が発足
  8. 民主党マニフェスト、「統合医療の普及」掲載検討
PAGE TOP