ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進

 厚生労働省の研究班は、健康食品の有効性を科学的に証明する評価方法についての報告書をまとめた。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究成果を国民の健康維持増進に役立てることを目的に、免疫・アレルギー、がん、循環器疾患などに対する有効性を標ぼうする健食を正しく評価するための方法を検証した。

関連記事

  1. オーストラリア健食市場、2ケタ成長で850億円に
  2. エグゼ会議・福岡に100人
  3. 厚労省 医療機関での健食販売
  4. 消費者委員会、健食制度の検討要求も
  5. 厚労省研究班、健食素材のヒト文献数トップ10まとめる
  6. 大正製薬、健食新ブランド立ち上げへ
  7. ウコン市場、200億円規模に
  8. アスタキサンチンに抗がん効果
PAGE TOP