ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進

 厚生労働省の研究班は、健康食品の有効性を科学的に証明する評価方法についての報告書をまとめた。主任研究者は日本大学教授の上野川修一氏。研究成果を国民の健康維持増進に役立てることを目的に、免疫・アレルギー、がん、循環器疾患などに対する有効性を標ぼうする健食を正しく評価するための方法を検証した。

関連記事

  1. 改正割販法省令案、健食訪販等に影響
  2. クルクミンの肝障害性「まったくない」
  3. 薬学会、28~31日に北海道で
  4. カネボウ、デトックス技術を開発 「生薬と微量栄養素で効果増強」(…
  5. 1246号(2008年7月18日号)配信
  6. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
  7. 農水省委託事業、ウコン利用マニュアルを発行
  8. 厚労省、ダイエット健食に新規制
PAGE TOP