ヘッドラインニュース

プエラリア12品目で商品テスト 問題表示に改善要望 エストロゲン活性、10品で確認

国民生活センターは13日、バストアップ用となどで用いられる「プエラリア・ミリフィカ」配合健康食品の商品テスト結果を発表した。すでに景品表示法で措置命令が出された品目を含む12品を対象に実施。問題のある表示の改善を要望した。一方エストロゲン活性は12品目中10品で確認された。国センでは、プエラリア健康食品に関する危害情報が2015年度以降増加していることを指摘。プエラリア健康食品の調査に乗り出し、ネット通販で販売されていた12品(錠剤9品、ハードカプセル3品)について商品テストを行った。なおテスト対象品は、「危害事例にあった銘柄を選定したわけではない」としている。培養細胞を用いる試験でエストロゲン活性を調べた結果・・・

続きは紙面(2017年7月14日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記
  2. 血液検査商法、医師法逃れの新手法
  3. 臨床医が望む健食とは? 薬健研が勉強会
  4. ウコン市場、200億円規模に
  5. 骨粗鬆症薬とサプリメント、「飲み合わせに注意」
  6. サントリー07年事業計画、健食事業290億円目指す
  7. 都、「健食の法的位置づけ明確化」要求
  8. 健食表示検討会、「商品選択の環境整備を」
PAGE TOP