ヘッドラインニュース

プエラリア12品目で商品テスト 問題表示に改善要望 エストロゲン活性、10品で確認

国民生活センターは13日、バストアップ用となどで用いられる「プエラリア・ミリフィカ」配合健康食品の商品テスト結果を発表した。すでに景品表示法で措置命令が出された品目を含む12品を対象に実施。問題のある表示の改善を要望した。一方エストロゲン活性は12品目中10品で確認された。国センでは、プエラリア健康食品に関する危害情報が2015年度以降増加していることを指摘。プエラリア健康食品の調査に乗り出し、ネット通販で販売されていた12品(錠剤9品、ハードカプセル3品)について商品テストを行った。なおテスト対象品は、「危害事例にあった銘柄を選定したわけではない」としている。培養細胞を用いる試験でエストロゲン活性を調べた結果・・・

続きは紙面(2017年7月14日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ファイン、ソフトカプセル工場が兵庫県に完成
  2. 「プロポリスの研究をすすめる会」 臨床研究を報告
  3. メタボ症候群、認知度が急上昇 オムロンヘルスケア調査
  4. 人間ドック全国集計、「高コレステロール」最多
  5. 「機能性表示」RJ公取協が取組推進
  6. ネット通販実態報告書 25%が健食購入
  7. 小林製薬、薬とサプリの相互作用をデータベース化
  8. 自民党が最終報告、食品安全委を「消費者庁」へ移管
PAGE TOP