ヘッドラインニュース

【号外】厚労省、17日に食薬区分改正 シトルリンが非医薬品に 健食市場活性化に道筋

 厚生労働省は17日、「医薬品の範囲に関する基準等の一部改正について」と題する文書を都道府県等に通知した。食薬区分の改正は2001年3月の2区分化以降、今回が4回目。α-リポ酸が規制緩和された前回改正から約3年ぶりとなる。有力ハーブのほか、目玉素材として注目されているL-シトルリンなどが規制緩和される内容で、停滞感の漂う健食業界にとって、久々に明るいニュースになりそうだ。→続きは「健康産業速報」で!改正リストも掲載!

関連記事

  1. フィットネスクラブ市場3858億円、サプリも寄与
  2. 消費者庁、健食は「食品表示課」が担当
  3. 健食支出、1000円台を維持
  4. 健食安全性確保、省令・告示で対応へ 今国会での法改正は見送り
  5. 安全性ガイドライン、「ハードル低い」 日健栄協・林理事長がコメン…
  6. ファンケル、医家向け健食の展開に着手
  7. サプリ支出12%増 8月は40%増も、9月は微増に
  8. 厚労省、食薬区分改正で意見募集
PAGE TOP