ヘッドラインニュース

厚生労働科学研究 食薬区分見直しで報告書

 3年計画で食薬区分の「医薬品リスト」収載成分の再評価を行っている厚生労働省の研究班(主任研究者=東京大学大学院教授・海老塚豊氏)はこのほど、平成16年度の研究報告書を取りまとめた。今回対象としたのは、医薬品リストの植物成分261品のうち、ゴシツからマオウまでの150品。15年度研究とあわせて、225品の再評価が終了した。文献調査で医薬品成分に該当するかどうかをAからEまでの5段階で評価。その結果、全体の3分の2以上は医薬品に分類されたが、見直し対象になり得るE評価として、20品以上がリストアップされた。

関連記事

  1. NNFA−J 新体制スタート
  2. NR協会が設立 「健食の専門家」が集結
  3. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  4. 総医研、疲労プロジェクト契約企業が「抗疲労特保」を申請
  5. インデナ、新素材「カキネガラシ」の提案開始
  6. 警視庁 新聞社等に協力求める
  7. 国立栄研、α−リポ酸のダイエット効果は「不明」と判断
  8. 1248号(2008年7月25日号)配信
PAGE TOP