ヘッドラインニュース

農水省調査、「クロレラ知らない」は1%

 農林水産省は5日、栄養補助食品などの「新食品」の認知度や利用状況を調べた報告書の詳細版をまとめた。食料品消費モニター998人から回答を得たもので、健康食品などに使用される素材を示し、名称およびその機能を知っているかを聞いた。その結果、平成12年に行った前回調査から認知度が大きく伸びたのは、大豆ペプチド、オリゴ糖、キシリトールなど。「名称も知らない」とされたのは、グァーガム酵素分解物が83%でもっとも多く、以下、サイクロデキストリンが81%、難消化性デキストリンが77%などと続く。「クロレラ」という名称を知らない割合は、前回調査と同じくわずか1%となっており、認知度事態は極めて高い。

関連記事

  1. ネット通販、健食購入率22.5%
  2. 健食等「有効」症例の収集へ
  3. ファンケル、医家向け健食の展開に着手
  4. 味の素、血中アミノ酸濃度で健康状態をチェック
  5. 都が啓発パンフ、「健食は生活習慣病治療に効果なし」
  6. 沖縄県物産公社、柑橘素材配合の健康飲料
  7. 抗酸化力の統一指標確立を目指す研究会が発足
  8. 警視庁 新聞社等に協力求める
PAGE TOP