ヘッドラインニュース

19年度概算要求 健康食品対策を拡充 特別用途食品の見直しも

厚生労働省は来年度から、健康食品の被害事例検討会の立ち上げや、素材の安全性調査など、健食対策を充実化させる。さらに、特別用途食品制度の見直しの検討も視野に入れる。25日にまとめた平成19年度の予算概算要求の中に盛り込んだ。→続きは「健康産業速報」第1055号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 協和発酵中間期、「リメイク」の売上拡大
  2. ファイン、秋の新商品を一挙3品上市
  3. 機能性農産物、所得増に期待感 社福協、新制度1年でフォーラム
  4. 厚労省 CoQ10の上限値問題、罰則付き基準も視野
  5. 「あおばなシンポジウム」が26日に開催
  6. 第2回エグゼクティブ会議 サプリ新法制定へ前進 議連4役迎え意見…
  7. 厚労省研究班 心筋梗塞の原因リスクを低減する素材明らかに
  8. 健食新制度で「報告書」
PAGE TOP