ヘッドラインニュース

19年度概算要求 健康食品対策を拡充 特別用途食品の見直しも

厚生労働省は来年度から、健康食品の被害事例検討会の立ち上げや、素材の安全性調査など、健食対策を充実化させる。さらに、特別用途食品制度の見直しの検討も視野に入れる。25日にまとめた平成19年度の予算概算要求の中に盛り込んだ。→続きは「健康産業速報」第1055号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品安全委、ブナハリタケ特保「安全性問題なし」
  2. 昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件
  3. カゴメ、健食ブランド立ち上げ 第1弾はリコピン
  4. ローヤルゼリー特保、「安全性問題なし」 いよいよ許可へ
  5. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
  6. 経産省 特商法違反で行政処分 健食企業に業務停止命令
  7. ネット通販の利用者増加 健食支出、5か月連続2桁増 全体の底上げ…
  8. 森永製菓、ウイダープロテイン商品を一新 シェア拡大図る
PAGE TOP