ヘッドラインニュース

タカラバイオ、阪大に寄付研究部門を開設

 タカラバイオ(077-543-7235)は10月1日、大阪大学蛋白質研究所に「生体分子認識(タカラバイオ)寄付研究部門」を寄付総額1億円で設置する。設置期間は平成20年9月30日までの3年間。
 寄付研究部門では、同社が同定した機能性食品化合物の作用機序の解析を行う。同社ではこれまでに、寒天オリゴ糖由来のDGE、明日葉由来のカルコン化合物、ブナシメジ由来のポリテルペンなどの化合物を同定してきたが、これらの機能解明には生体内でどの標的タンパク質と相互作用するかを解析する必要があるとした。
 同社では今回の研究部門の設置により、機能性食品素材のさらなる開発を進め、医療分野への応用の足がかりにすることを目指す。

関連記事

  1. 厚生労働科学研究 「健食の法整備必要」
  2. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  3. 1239号(2008年6月24日号)配信
  4. 農水省調査、「クロレラ知らない」は1%
  5. 東洋新薬、米健食市場に本格参入
  6. 名市大・牧野氏が講演 健康食品、再分類が必要 栄養素と生薬、「区…
  7. 経産省事業、「特保開発」「抗メタボ食品素材開発」など支援
  8. 抗疲労特保、今月にも申請へ
PAGE TOP