ヘッドラインニュース

東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社

 東洋新薬(0942-81-3555)と大正製薬は28日、健康食品および医薬部外品などの開発製造を目的とする新会社「大正アクティブヘルス」を合弁で設立した。資本金は1億円で、出資比率は東洋新薬が45%、大正製薬が55%。新会社では東洋新薬の開発・製造技術を生かして製品開発を進め、大正製薬が販売元となり製品を上市していく。来春をメドに、東洋新薬が持つ独自素材を用いた健康食品の発売を目指す。

関連記事

  1. メタボ症候群、認知度が急上昇 オムロンヘルスケア調査
  2. サプリ支出、回復基調に
  3. 日米協議、健食を議題に
  4. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
  5. 途上国の栄養改善でビジネス創出 官民連携、プラットフォーム発足
  6. 都、健康食品データベースを開設
  7. 日健栄協 機能性評価、2成分軸に募集 「にんにく」「オタネニンジ…
  8. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
PAGE TOP