ヘッドラインニュース

東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社

 東洋新薬(0942-81-3555)と大正製薬は28日、健康食品および医薬部外品などの開発製造を目的とする新会社「大正アクティブヘルス」を合弁で設立した。資本金は1億円で、出資比率は東洋新薬が45%、大正製薬が55%。新会社では東洋新薬の開発・製造技術を生かして製品開発を進め、大正製薬が販売元となり製品を上市していく。来春をメドに、東洋新薬が持つ独自素材を用いた健康食品の発売を目指す。

関連記事

  1. 自民党・経産部会 健食開発など、地域資源活用促進法案を了承
  2. 米、サプリ健康被害報告を義務化
  3. 公取委 景表法の運用強化 「15日ルール」厳守求める
  4. 協和発酵、L-チロシンの工業的製法を確立
  5. 通販協調査、健食含む「食料品」の伸び率が今年最高に
  6. 消費者庁、「論点整理」の検討方針固まる
  7. キリンとヤクルト、機能性食品事業で提携
  8. デグサ社、PS新素材の本格供給開始(1/24 )
PAGE TOP