ヘッドラインニュース

東洋新薬、大正製薬と健食等開発の合弁会社

 東洋新薬(0942-81-3555)と大正製薬は28日、健康食品および医薬部外品などの開発製造を目的とする新会社「大正アクティブヘルス」を合弁で設立した。資本金は1億円で、出資比率は東洋新薬が45%、大正製薬が55%。新会社では東洋新薬の開発・製造技術を生かして製品開発を進め、大正製薬が販売元となり製品を上市していく。来春をメドに、東洋新薬が持つ独自素材を用いた健康食品の発売を目指す。

関連記事

  1. 神奈川県、健食試買調査でニセ薬発見 国内初の成分検出
  2. 富士化学、アスタキサンチンの血流改善作用を解明
  3. 医師会から見た健康食品とは? 丹羽氏が指摘
  4. ラクトフェリンで大腸がん予防、臨床試験で確認
  5. 規制改革要望で経団連、4・13事務連絡を再度追及へ
  6. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
  7. 政府、個人の健康情報を一元化  サプリ分野でも活用
  8. 地方発の健食開発相次ぐ
PAGE TOP