ヘッドラインニュース

フジッコ、一部の大豆イソフラボン報道に「遺憾」

 フジッコは6日、大豆イソフラボンの安全性評価に関するコメントを発表した。食品安全委員会による大豆イソフラボンの安全性評価について、(中略)アグリコンと配糖体を区別せずに上限値を表記した新聞があり、報道を受け、同社には消費者から相当数の問い合わせが寄せられたという。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  2. 日本病院会 人間ドック全国集計
  3. 機能性評価モデル事業 11チーム整備、延べ60社参加
  4. 厚労省 健食の表示規制強化 事務連絡文書「拘束力なし」 猶予期間…
  5. 薬学会、28日から岡山で
  6. 兵庫県苦情相談、認知症患者に健食販売
  7. 消費者庁、機能性表示検討会 健康被害等で対応方針
  8. バイブル本事件、健食販社社長らに執行猶予付き有罪判決
PAGE TOP