ヘッドラインニュース

フジッコ、一部の大豆イソフラボン報道に「遺憾」

 フジッコは6日、大豆イソフラボンの安全性評価に関するコメントを発表した。食品安全委員会による大豆イソフラボンの安全性評価について、(中略)アグリコンと配糖体を区別せずに上限値を表記した新聞があり、報道を受け、同社には消費者から相当数の問い合わせが寄せられたという。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 07年上半期 健食受託市況 3割が経営状況悪化 後半は「良くなる…
  2. サントリー、ウイスキー成分で糖尿病合併症予防
  3. 厚労省 4・13健食表示規制問題 事務連絡第二弾、見送りに 「市…
  4. 厚労省、国による健食認証制度「決定した事実はない」
  5. 出生数また減少 110万人で過去最低
  6. 食品開発展が4日開幕、国内外から注目
  7. 千葉県警、健康セミナー開催の健食企業社長らを逮捕
  8. タイセイ、ケンコーコムと提携
PAGE TOP