ヘッドラインニュース

厚労省、ポジティブリスト制でQ&A 

 農薬分析、「義務付けでない」
 検査頻度は「事業者判断で」
 厚生労働省は3月31日、残留農薬等ポジティブリスト制度に関するQ&A集を公表した。過去に厚労省に寄せられたコメントや、各地の説明会で出された質問などをもとにまとめたもの。5月29日の施行が迫った同制度について、「規制が現行からどのように変わるか」「食品添加物は対象になるか」などの基本的な事項のほか、乾燥野菜の扱い、野菜・果実の判断基準、昆布やワカメなどの海藻の分類、自主検査をする際のポイント――など、計140の質問について、対応策を示している。→続きは本紙で!

関連記事

  1. CRN−J、健食の原材料情報書で第2報 11月に発行
  2. CoQ10の販売後調査へ 07年度末メドに中間報告 業界初の取り…
  3. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  4. 日本テレビ、ダイエット食品に「太る可能性あり」
  5. 健康と食品懇話会 会長に日本水産・関口氏
  6. 久光製薬、健食通販事業スタート ダイエット食品など投入
  7. 農芸化学会、28日から札幌で
  8. 予算概算要求 機能性表示研究に8300万円
PAGE TOP