ヘッドラインニュース

厚労省、ポジティブリスト制でQ&A 

 農薬分析、「義務付けでない」
 検査頻度は「事業者判断で」
 厚生労働省は3月31日、残留農薬等ポジティブリスト制度に関するQ&A集を公表した。過去に厚労省に寄せられたコメントや、各地の説明会で出された質問などをもとにまとめたもの。5月29日の施行が迫った同制度について、「規制が現行からどのように変わるか」「食品添加物は対象になるか」などの基本的な事項のほか、乾燥野菜の扱い、野菜・果実の判断基準、昆布やワカメなどの海藻の分類、自主検査をする際のポイント――など、計140の質問について、対応策を示している。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  2. 臨床医が望む健食とは? 薬健研が勉強会
  3. 経産大臣が成長戦略、新健康産業を創出
  4. 農林水産物の機能性表示 分析法等で「手順書」骨子案
  5. ミツバ貿易、サージの化粧品提案強化
  6. 都、健康食品データベースを開設
  7. 厚労省 食薬区分を改正
  8. 総務省 サプリ価格の大規模調査 行政施策の基礎資料に 健食支出増…
PAGE TOP