ヘッドラインニュース

農水省 地域活性化事業 健食関連が3分の1 全国各地で開発活発化

 食品企業と生産者による地場食材を活用した事業展開を支援する農林水産省の「食料産業クラスター事業」で、事業が開始された2005年度からの2年間に開発された商品のうち、健康志向に対応した食品が全体の3分の1にあたる34件に上ったことが21日、本紙の調べでわかった。→続きは『健康産業速報』第1129号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 06年健康食品市場 6%減の1兆2100億円に 成長神話、ついに…
  2. 「消費者委員会」メンバー固まる
  3. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
  4. フィットネスクラブ市場3858億円、サプリも寄与
  5. ロート製薬と森下仁丹、7月に共同販売会社設立へ
  6. 農林水産物の機能性表示 分析法等で「手順書」骨子案
  7. ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意
  8. 05年の健食重要研究 ハーブ等25題に決定 「緑茶+ガラナ」、体…
PAGE TOP