ヘッドラインニュース

農水省 地域活性化事業 健食関連が3分の1 全国各地で開発活発化

 食品企業と生産者による地場食材を活用した事業展開を支援する農林水産省の「食料産業クラスター事業」で、事業が開始された2005年度からの2年間に開発された商品のうち、健康志向に対応した食品が全体の3分の1にあたる34件に上ったことが21日、本紙の調べでわかった。→続きは『健康産業速報』第1129号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日医、健食の健康被害情報の収集へ
  2. ゲン・コーポレーション、歯垢抑制素材を開発
  3. 米国、サプリメント新法が22日スタート 有害事象を報告
  4. ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認
  5. 食品免疫学会、来月18日に第1回総会
  6. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
  7. 花王の「ヘルシアコーヒー」、食品安全委の評価スタート
  8. ケンコーコム売れ筋番付、横綱に寒天とα−リポ酸
PAGE TOP