ヘッドラインニュース

7次改定・食事摂取基準

厚生労働省が策定作業を続けてきた第7次改定「日本人の食事摂取基準」の概要が明らかになった。食物繊維やn−3系脂肪酸などの具体的な食事摂取基準(DRI)を盛り込んだほか、年齢区分・数値などに見直しを加えた。また、これまでの指標を若干変更し、生活習慣病の一次予防のための「目標量」などを設定している。

関連記事

  1. 「αリポ酸協会」が設立
  2. 京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」…
  3. 食品安全委、大豆イソフラボン評価書案 上限値は変更なし
  4. 日健栄協、賀詞交歓会に400人
  5. 乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ
  6. CICフロンティア、霊芝で新知見「特保取得目指す」
  7. 通販協 通販企業の実態調査
  8. 健康博覧会 アジア最大の健康ビジネスフェアに 全4館、1100小…
PAGE TOP