ヘッドラインニュース

7次改定・食事摂取基準

厚生労働省が策定作業を続けてきた第7次改定「日本人の食事摂取基準」の概要が明らかになった。食物繊維やn−3系脂肪酸などの具体的な食事摂取基準(DRI)を盛り込んだほか、年齢区分・数値などに見直しを加えた。また、これまでの指標を若干変更し、生活習慣病の一次予防のための「目標量」などを設定している。

関連記事

  1. ODS 健食データベース刷新 収載情報7500件突破 CoQ10…
  2. 06年青汁市場規模、横ばいの620億円
  3. 米厚生省、膝関節炎の効果的緩和法「特定できず」 サプリを含め
  4. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  5. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  6. 健康増進法、消費者庁に移管 特保表示変更へ
  7. 薬事法違反等の摘発増加
  8. 日健栄協、GMPコンサルタント業務を開始
PAGE TOP