ヘッドラインニュース

7次改定・食事摂取基準

厚生労働省が策定作業を続けてきた第7次改定「日本人の食事摂取基準」の概要が明らかになった。食物繊維やn−3系脂肪酸などの具体的な食事摂取基準(DRI)を盛り込んだほか、年齢区分・数値などに見直しを加えた。また、これまでの指標を若干変更し、生活習慣病の一次予防のための「目標量」などを設定している。

関連記事

  1. 08年健康食品市場規模まとまる
  2. 消費者庁、健食表示検討会がスタート
  3. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  4. 世界の健食市場6兆3000億円に
  5. 国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で
  6. 抗加齢医学会、専門医認定制度スタート
  7. 厚労省・健食安全性検討会、制度改正に向け論点整理
  8. 文科省、産学官連携促進事業の実施地域を採択 特保開発も
PAGE TOP