ヘッドラインニュース

厚労科学研究、アガリチンの解明進む

厚生労働科学研究によるアガリクス関連の研究が続々とまとまっている。国立医薬品食品衛生研究所の穐山浩氏を主任研究者とするグループでは、UV-HPLC法を用いたアガリチンの簡易分析法を開発した。→続きは「健康産業速報」第1041号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ブルーベリー国際シンポ、29日開催
  2. 協和発酵決算、海外の健食用アミノ酸などが好調
  3. 東京都 健食講習会に1200人超 食薬区分、「毒性データ重視」
  4. 医薬品ネット販売規制裁判 最高裁、国の上告棄却
  5. 16年度消費者意識基本調査「機能性表示」、26%に摂取経験
  6. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  7. 厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す
  8. 「機能性表示」課題で報告書案 「エキス・分泌物」追加
PAGE TOP