ヘッドラインニュース

厚労科学研究、アガリチンの解明進む

厚生労働科学研究によるアガリクス関連の研究が続々とまとまっている。国立医薬品食品衛生研究所の穐山浩氏を主任研究者とするグループでは、UV-HPLC法を用いたアガリチンの簡易分析法を開発した。→続きは「健康産業速報」第1041号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 富士計器、受託試験業務に着手
  2. 農水省、ORACの普及に着手
  3. ロート製薬、乳酸菌成分の美白効果を確認
  4. 1236号(2008年6月13日号)配信
  5. 千葉県、健食から国内初の医薬品成分
  6. 議連「健食問題研究会」、大濱氏招き米・EUの制度を研究
  7. 経産省 地域資源活用促進法 健食開発事業計画を認定 「世界初のサ…
  8. 北海道バイオ産業、売上高500億円突破
PAGE TOP