ヘッドラインニュース

健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車

食品の受託試験会社を対象に実施したアンケート調査で、肌のシミ・シワ改善などの美肌効果を中心とする「アンチエイジング」や、腹部脂肪・血清脂質・血糖値・血圧・BMIなどの「メタボリックシンドローム」に関する有効性評価試験の依頼が増加していることが、健康産業新聞が6日までにまとめた調査でわかった。→続きは「健康産業速報」第1041号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 1247号(2008年7月23日号)配信
  2. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  3. 健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜
  4. 日本テレビ、ダイエット食品に「太る可能性あり」
  5. 健食支出、高齢者が下支え
  6. 厚労省 CoQ10の上限値問題、罰則付き基準も視野
  7. 消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」
  8. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
PAGE TOP