ヘッドラインニュース

米国スペシャリティフード13兆円規模に、機能性水市場も急拡大

米国で「IFT」「ファンシーフードショー」が先週に相次いで行われ、健康志向を背景に、高付加価値を訴求する「Specialty Food」市場が13兆円に拡大していることや、可能な限り添加物を用いずオーガニック素材等を活用した「クリーンラベル」の動きが広がっていることなどが紹介された。6月26~28日にラスベガスで開催された商品原料の展示会「IFT2017」(主催・Institute of Food Technologists)には、45か国から約1150社が出展。企業数は前年から6%原となった。調査会社のInnova社は会場内で、今年のトレンドのひとつとして、「クリーンラベル」がグローバルスタンダードとなっていくとの見方を示した。展示が目立ったのはのはプロテインと整腸関連製品。後者では、プレバイオの出展も増加していた。一方6月25~27日にニューヨークで開催された・・・

続きは紙面(2017年7月4日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 健食製造者の「届出制」浮上
  2. 浜理薬品工業、栄養機能食品の亜鉛サプリを上市
  3. 米国市場、有機・自然食品が伸長
  4. CRN−J、「α−リポ酸」の規格基準まとめる
  5. 米団体、「サプリで医療費削減可能」 5年で240億ドル
  6. α−リポ酸など、「溶媒は食添に該当せず」
  7. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
  8. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
PAGE TOP