ヘッドラインニュース

米国スペシャリティフード13兆円規模に、機能性水市場も急拡大

米国で「IFT」「ファンシーフードショー」が先週に相次いで行われ、健康志向を背景に、高付加価値を訴求する「Specialty Food」市場が13兆円に拡大していることや、可能な限り添加物を用いずオーガニック素材等を活用した「クリーンラベル」の動きが広がっていることなどが紹介された。6月26~28日にラスベガスで開催された商品原料の展示会「IFT2017」(主催・Institute of Food Technologists)には、45か国から約1150社が出展。企業数は前年から6%原となった。調査会社のInnova社は会場内で、今年のトレンドのひとつとして、「クリーンラベル」がグローバルスタンダードとなっていくとの見方を示した。展示が目立ったのはのはプロテインと整腸関連製品。後者では、プレバイオの出展も増加していた。一方6月25~27日にニューヨークで開催された・・・

続きは紙面(2017年7月4日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 農水省支援事業、葉酸高含有の「女性向け卵」開発へ
  2. 東京都 「健康に関する世論調査」
  3. 臨床医が望む健食とは? 薬健研が勉強会
  4. 食品開発で成果報告会、機能性食品関連の発表相次ぐ
  5. 公取委、健食販売2社に排除命令 「デトックス」表示に規制の網
  6. TV通販、表示規制を厳格化へ
  7. 米NNFA展 ノニ等、果実系が人気 トレンドは「リキッド健食」
  8. 4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差
PAGE TOP