ヘッドラインニュース

アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け

「アガリクス・ブラゼイ協議会」が1日に発足、同日都内で設立発表会が開催された。岩出菌学研究所、エス・エス・アイ、協和ウェルネス、ホクトメディカルの4社が発起人となり、事務局は金沢大発のバイオベンチャー企業・バイオセラピー開発研究センターが務める。また、TTCがアドバイザーとして参加する。→続きは「健康産業速報」第1049号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  2. 消費者庁、健食表示の取締方針 薬事法違反は厚労省へ
  3. sokuhou07 上半期のDgS健食販売額4.7%増
  4. 健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割
  5. α−リポ酸など、「溶媒は食添に該当せず」
  6. 特保に弱点? 日健栄協講習会で井藤氏指摘
  7. 沖縄県物産公社、柑橘素材配合の健康飲料
  8. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
PAGE TOP