ヘッドラインニュース

アガリクス問題で経過報告 アガリチンの関与に言及 追加試験実施へ

厚生労働省はキリンウェルフーズのアガリクス製品の遺伝毒性について、アガリチンの関与の有無を調べた追加試験の結果をまとめた。24日開催の食品安全委員会の会合で、新開発食品保健対策室長の北島智子氏らが試験結果を報告した。今回の試験の結果、同品の遺伝毒性には「アガリチンの寄与が大きいことが示唆された」としたものの、アガリチンを関与物質とする決定的なデータは得られなかったため、今後さらに追加で試験を行うとしている。→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品安全委、大豆イソフラボンで意見募集開始
  2. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
  3. 北京の高齢者、3割以上がメタボリック症候群
  4. 食事バランスガイド、「内容も知っている」わずか1割強
  5. 米FTC、フーディア製品を相次ぎ摘発
  6. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  7. 日医・健康被害情報の収集事業
  8. ルナ再建へ、スポンサーに山田養蜂場
PAGE TOP