ヘッドラインニュース

アガリクス問題で経過報告 アガリチンの関与に言及 追加試験実施へ

厚生労働省はキリンウェルフーズのアガリクス製品の遺伝毒性について、アガリチンの関与の有無を調べた追加試験の結果をまとめた。24日開催の食品安全委員会の会合で、新開発食品保健対策室長の北島智子氏らが試験結果を報告した。今回の試験の結果、同品の遺伝毒性には「アガリチンの寄与が大きいことが示唆された」としたものの、アガリチンを関与物質とする決定的なデータは得られなかったため、今後さらに追加で試験を行うとしている。→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ASEANヘルス&ウェルネス展、16日スタート
  2. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
  3. 規制改革会議が再開 健食表示緩和、「確実な実現を」
  4. 抗疲労特保、今月にも申請へ
  5. オリザ油化、クルミ・ニラなど新素材2品上市
  6. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
  7. 厚労省 大豆イソフラボンで指針案 特保以外の健食も対象に
  8. アガリクス協議会、議連の支援など来年度活動計画を発表
PAGE TOP