ヘッドラインニュース

グリーンフーズ、ブラジル産健食素材の本格供給に着手

ブラジルのサンパウロ郊外に拠点を置くグリーン・フーズ(+55・11・4655・3095)は、日本におけるブラジル産健食素材の本格供給に着手する。主な取り扱い素材は、ミナス・ジェライス高原産の「アレクリン系プロポリス」、アマゾン河流域で最近栽培可能となった「モリンダ・シトリフォリア」、サンパウロ産の「アガリクス・ブラゼイ」―の3種類。→続きは「健康産業速報」第1062号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 聘珍樓、燕の巣サプリで健食市場に参入
  2. 日本経団連 食品表示、自由化を再要求
  3. 薬健研シンポ、健食の国際動向
  4. 厚労省、スギ花粉健食問題「因果関係否定できない」
  5. エグゼクティブ会議、29日に初会合
  6. JRJ製薬、「薬蜜」の原料供給開始
  7. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  8. 1227号(2008年5月13日号)配信
PAGE TOP