ヘッドラインニュース

グリーンフーズ、ブラジル産健食素材の本格供給に着手

ブラジルのサンパウロ郊外に拠点を置くグリーン・フーズ(+55・11・4655・3095)は、日本におけるブラジル産健食素材の本格供給に着手する。主な取り扱い素材は、ミナス・ジェライス高原産の「アレクリン系プロポリス」、アマゾン河流域で最近栽培可能となった「モリンダ・シトリフォリア」、サンパウロ産の「アガリクス・ブラゼイ」―の3種類。→続きは「健康産業速報」第1062号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米農務省、新型フードピラミッドを発表
  2. 新食事摂取基準、米国の概念を全面導入
  3. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
  4. ビタミンC、「数回に分けた摂取が効果的」 ファンケル調査
  5. 規制改革推進会議 食薬区分、運用見直し検討 オリザノール等の扱い…
  6. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  7. 「酵素・酵母食品」市場規模 33%増の360億円
  8. 都内の健食製造業 多摩地域で27施設存在 収去検査、違反は「ゼロ…
PAGE TOP