ヘッドラインニュース

日清ファルマなど、ピロリ菌の胃への接着因子を解明

 日清ファルマ(03-5282-6530)とゲン・コーポレーションの共同研究グループは17日、酵素の一種である「ウレアーゼ」が、ヘリコバクター・ピロリ菌を胃内に接着させる因子として機能していることを発見したと発表した。

関連記事

  1. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査結果を発表
  2. アピ、サプリ研究会を開催 全国から学識者が参集
  3. 機能性成分、遺伝子要因で効果変動
  4. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  5. 日健栄協、安全性ガイドライン案を厚労省に提出
  6. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  7. 「デトックス」、商品名に使用できる? CRN-J検討委員会(1/…
  8. 九州の健康食品市場規模まとまる
PAGE TOP