ヘッドラインニュース

食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施 タウリン・グルタチオンに期待

 厚生労働省は、第4次食薬区分改正の時期を今年度内とする方針を固めた。今回はこれまでのようにいきなり通知を出すのではなく、改正案について事前にパブリックコメントを実施する方向で調整している。意見募集は早ければ年内にも実施する予定で、改正候補成分はこの時点で明らかになる見通し。食薬区分に詳しい情報筋は次回の改正候補として、米国から規制緩和要望のあるタウリンやグルタチオンなどの大型素材を挙げている。→続きは『健康産業速報』第1080号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 経済関係者らが参加、「統合医療を実現する会」発足
  2. 特保、ついに700品突破
  3. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  4. 「目標マイナス○kg」、根拠なければ健康増進法違反
  5. キリンとヤクルト、機能性食品事業で提携
  6. 10年度政府予算案 健食行政、今年度とほぼ同様
  7. アートネイチャー、フラバンジェノールで育毛サービス
  8. 特保新たに6品、総計617品に
PAGE TOP