ヘッドラインニュース

食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施 タウリン・グルタチオンに期待

 厚生労働省は、第4次食薬区分改正の時期を今年度内とする方針を固めた。今回はこれまでのようにいきなり通知を出すのではなく、改正案について事前にパブリックコメントを実施する方向で調整している。意見募集は早ければ年内にも実施する予定で、改正候補成分はこの時点で明らかになる見通し。食薬区分に詳しい情報筋は次回の改正候補として、米国から規制緩和要望のあるタウリンやグルタチオンなどの大型素材を挙げている。→続きは『健康産業速報』第1080号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 医薬品の販売規制緩和、特保やサプリにも影響?
  2. コーデックス総会が閉幕、IADSA提案の食品添加物使用量を承認
  3. レジャー白書07 「サプリメント市場が拡大」 フィットネスルート…
  4. 米国、新たな食生活指針 不足栄養素の補充に「サプリ有効」
  5. 国セン 健食等の通販広告で注意喚起 「お試し」で定期購入に
  6. 人間ドック全国集計、「高コレステロール」最多
  7. 改正特許法・商標法を閣議決定、特許料など引き下げへ
  8. 調剤薬局、健康食品の販売拡充
PAGE TOP