ヘッドラインニュース

食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施 タウリン・グルタチオンに期待

 厚生労働省は、第4次食薬区分改正の時期を今年度内とする方針を固めた。今回はこれまでのようにいきなり通知を出すのではなく、改正案について事前にパブリックコメントを実施する方向で調整している。意見募集は早ければ年内にも実施する予定で、改正候補成分はこの時点で明らかになる見通し。食薬区分に詳しい情報筋は次回の改正候補として、米国から規制緩和要望のあるタウリンやグルタチオンなどの大型素材を挙げている。→続きは『健康産業速報』第1080号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「関東日健フーズ」設立
  2. 疾病リスク低減特保、安全性評価が一歩前進
  3. 都、キャッチセールス業者3社に業務停止命令 健食など販売
  4. カナダ、健食市場が急成長 400社で総売上3270億円 主要企業…
  5. 健康食品のバイブル本が激減
  6. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  7. 本紙セミナー 健食企業のネット活用術
  8. 大阪府でまたニセ薬発見
PAGE TOP