ヘッドラインニュース

中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進

 医療機関において医療用栄養食品やダイエット食品の販売が可能かどうかを検討していた厚生労働省の中医協・診療報酬基本問題小委員会は25日、他法令との関係を整理する必要があるとして、引き続き検討していくことを確認した。事実上、「健康保険法の立場からは販売可能」とする見解が示されたことから、今後は、医療法の観点から販売の可否が検討されることになる。

関連記事

  1. 公取委 景表法の運用強化 「15日ルール」厳守求める
  2. 都、健康食品データベースを開設
  3. 厚労省・特別用途食品検討会、来月に中間とりまとめ
  4. 食品機能表示研究会が発足、設立総会に160人
  5. 日本製粉、「アマニシリーズ」に2品追加
  6. 1227号(2008年5月13日号)配信
  7. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  8. 食品安全委 「リボフラビン」継続審議に
PAGE TOP