ヘッドラインニュース

東洋新薬、有機JAS青汁原料の生産体制確立

 東洋新薬(0942・81・3563)は、熊本工場全体と鳥栖工場の殺菌・微粉砕ラインで有機加工食品製造の認定を取得したと発表した。同社は7月、自社で管理する大麦若葉、甘藷若葉、ケールなど青汁素材の契約ほ場で有機JAS認定を取得している。今回、新たに加工施設が有機加工食品製造の認定を受けたことで、栽培から最終加工までトータルな有機JAS青汁原料の生産管理体制が確立した。→続きは『健康産業速報』第1085号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「機能性表示」成分検討会 関口氏、糖質等の追加要望
  2. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  3. 都調査、「サプリ毎日利用」は28%
  4. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
  5. 花王、「エコナ」一時販売自粛
  6. BHNと丸善薬品産業、抗アレルギー素材「アンチアレーゼ」
  7. 〔新春特別企画〕健康食品2008年ヒット予測
  8. グルコサミン研究会、臨床報告など相次ぐ
PAGE TOP