ヘッドラインニュース

TTC、「食とストレス」の研究開発に着手

 TTC(03・5459・5329)は8日、ストレスに関する食品の有効性評価法の確立に向けた研究に着手することを明らかにした。日本ストレス学会理事長の下光輝一氏(東京医科大学副学長)、同理事の津田彰氏(久留米大学文学部心理学科教授)のほか、免疫や内分泌の専門家らと共同で研究開発を進め、1~2年後の実用化を目指す。試験では、抗ストレス特保の可能性も視野に入れる。→続きは『健康産業速報』第1085号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ローヤルゼリー特保、安全性評価をクリア
  2. 予算概算要求 機能性表示研究に8300万円
  3. 味の素、睡眠サポート食品を発売
  4. レジャー白書07 「サプリメント市場が拡大」 フィットネスルート…
  5. 地域健康商品の商談会、大阪で開催
  6. 統合医療で国際シンポ 日中韓の専門家が集結
  7. 米NNFA、名称を「NPA」に変更
  8. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
PAGE TOP