ヘッドラインニュース

TTC、「食とストレス」の研究開発に着手

 TTC(03・5459・5329)は8日、ストレスに関する食品の有効性評価法の確立に向けた研究に着手することを明らかにした。日本ストレス学会理事長の下光輝一氏(東京医科大学副学長)、同理事の津田彰氏(久留米大学文学部心理学科教授)のほか、免疫や内分泌の専門家らと共同で研究開発を進め、1~2年後の実用化を目指す。試験では、抗ストレス特保の可能性も視野に入れる。→続きは『健康産業速報』第1085号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 内臓型肥満の危険信号、「男性でウエスト85cm以上」
  2. 都、健康番組の実態調査へ
  3. 協和発酵、コーンセラミドの美容効果を確認
  4. 薬健研、厚労省検討会の骨子案を支持
  5. ビタミン学会、27日から徳島で VC等の有効性を報告
  6. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  7. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  8. NIH、マイタケ等の研究に着手
PAGE TOP