ヘッドラインニュース

TTC、「食とストレス」の研究開発に着手

 TTC(03・5459・5329)は8日、ストレスに関する食品の有効性評価法の確立に向けた研究に着手することを明らかにした。日本ストレス学会理事長の下光輝一氏(東京医科大学副学長)、同理事の津田彰氏(久留米大学文学部心理学科教授)のほか、免疫や内分泌の専門家らと共同で研究開発を進め、1~2年後の実用化を目指す。試験では、抗ストレス特保の可能性も視野に入れる。→続きは『健康産業速報』第1085号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
  2. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  3. 和漢医薬学会、30日から大阪で
  4. エグゼ会議・福岡、サプリ法制定9割が「望む」
  5. 東京都 平成20年度計画 健食製造業者を一斉監視 4~5月に実施…
  6. 特保調査会 許可停止、立法化に疑問符
  7. ビーエイチエヌ、GMP取得で受託業務強化 「3ST」を提供
  8. ビタミン学会、26日から三重県で
PAGE TOP