ヘッドラインニュース

TTC、「食とストレス」の研究開発に着手

 TTC(03・5459・5329)は8日、ストレスに関する食品の有効性評価法の確立に向けた研究に着手することを明らかにした。日本ストレス学会理事長の下光輝一氏(東京医科大学副学長)、同理事の津田彰氏(久留米大学文学部心理学科教授)のほか、免疫や内分泌の専門家らと共同で研究開発を進め、1~2年後の実用化を目指す。試験では、抗ストレス特保の可能性も視野に入れる。→続きは『健康産業速報』第1085号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 統合医療PT、科学的根拠でふるい分け
  2. 日健栄協、「プロポリス規格基準」見直し案で説明会
  3. ハウス食品中間期、「ウコンの力」快進撃
  4. 統合医療で国際シンポ 日中韓の専門家が集結
  5. アムスライフ、本草製薬からの事業譲り受けで契約締結
  6. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  7. 東京都、危害相談13%減 「美容医療」が年々増加
  8. RJ公取協が20周年式典、130人が参加
PAGE TOP