ヘッドラインニュース

疫学会、「コーヒーで肝がんリスク低下」

 第15回日本疫学会学術総会が21、22の両日、滋賀県のピアザ淡海・県民交流センターで開催される。国立健康・栄養研究所の由田克士氏らの研究班は、40〜50代の男女1,143人を対象とした調査を受け、サプリメントの利用回数と栄養素摂取量の関連について発表する。

関連記事

  1. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
  2. アスタキサンチンに抗がん効果
  3. 英刑務所、サプリメントで暴力は減るか? 3年間追跡調査に着手
  4. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  5. 通販協 ネット通販利用者の実態調査
  6. 厚労省、特別用途食品制度で通知
  7. JIHFS、協和薬品の本社工場をGMP認定
  8. ナチュラルヘルスフェア 香港で盛大に
PAGE TOP