ヘッドラインニュース

50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査

 50代の2割が錠剤やカプセルなどのビタミン・ミネラルを摂取していることが、厚生労働省が19日に発表した「中高年者縦断調査」でわかった。
 調査は団塊世代を含む全国の50代男女を追跡し、「健康・就業・社会活動」について意識面・事実面の変化の過程を継続的に調べたもの。3万3815人を対象に調査した。平成17年度を初年度として、今回が第1回目の調査結果の公表となる。→続きは『健康産業速報』第1088号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」…
  2. アファリエイターに警告 健食等のネット広告で不適切表示
  3. 三菱商事、ファーマフーズと生産・販売面で提携
  4. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
  5. ロート製薬、ファーマフーズと提携
  6. 健食原材料価格など上昇 コストアップ深刻に 利益圧迫、受託企業に…
  7. トヨタ、ユビキノンで特許出願 CoQ10市場参入は「ノーコメント…
  8. 「栄養表示の義務化」打ち出す
PAGE TOP