ヘッドラインニュース

米IFT、約2万人が来場 低GI食品が台頭

 米国食品素材展「IFTフードエキスポ」が25日から27日まで、フロリダ州のオーランドで開催された。出展企業数は約950社で、前年を若干下回ったもよう。健康志向を反映してHealthy、Natural、Organicなどを前面にPRする企業が目立った。→続きは「健康産業速報」第1039号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的…
  2. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  3. 総医研、疲労プロジェクト契約企業が「抗疲労特保」を申請
  4. 健食表示検討会、業界団体が有効性表示制度の導入要求
  5. 明治製菓、新甘味素材を開発 「健康事業の目玉に」
  6. 独デグサ、米カーギルに食品原材料事業を売却
  7. 小林製薬、井藤漢方製薬と資本業務提携
  8. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
PAGE TOP