ヘッドラインニュース

厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す

 厚生労働省は、平成22年度まで展開する国民健康づくり運動「健康日本21」の新規目標として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関する項目を追加する方針を固めた。成人の認知率を8割以上に引き上げることを目指す。15日開催の厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会で議論された。→続きは『健康産業速報』第1087号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 都、キャッチセールス業者3社に業務停止命令 健食など販売
  2. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
  3. 「あおばなシンポジウム」が26日に開催
  4. 特保の全品調査 約1270品 市場流通は3割未満
  5. 小林製薬、東洋新薬と合弁会社設立 健食の企画開発
  6. ファイン、アスタキサンチン健食など3品投入
  7. 厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」
  8. 「白甘藷由来糖ペプチド」で血糖改善
PAGE TOP