ヘッドラインニュース

厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す

 厚生労働省は、平成22年度まで展開する国民健康づくり運動「健康日本21」の新規目標として、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関する項目を追加する方針を固めた。成人の認知率を8割以上に引き上げることを目指す。15日開催の厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会で議論された。→続きは『健康産業速報』第1087号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 欧州、健康強調表示の国際強調で前進 日本孤立か
  2. 国セン、キダチアロエ健食のテスト結果発表
  3. 来週から統合医療展、セミナーに申込相次ぐ
  4. 自民党、参院選公約に「機能性食品の開発・商品化」
  5. 総医研、機能性化粧品市場に参入
  6. 食事バランスガイド、「健食に頼らないで」
  7. 「機能性表示」導入から1年 受理企業100社到達
  8. 厚生労働科学研究 「健食の法整備必要」
PAGE TOP