関連トピックス

 第9版食品添加物公定書が告示

食品、添加物等の規格基準の一部を改正した第9版食品添加物公定書が昨年11月30日に官報告示された。平成19年の第8版公定書の告示以来、10年ぶりの改正となる。

食品添加物公定書は、昭和35年に第1版が作成されて以来、第8版まで、逐次改正が行われてきた。改正に際し、前回の改正以降に設定された食品添加物を収載するとともに、一般試験法や成分規格の見直し、既存添加物の規格設定、記載方法の改良等について検討され、食品添加物公定書の改正に併せて、告示改正を行っている。

今回の改正のポイントは、
(1) 既存添加物89品目に係る成分規格(89項目)を作成
(2) 指定添加物355品目に係る成分規格(378項目)、既存添加物127品目に係る成分規格(132項目)、一般飲食物添加物3品目(3項目)及び「合成膨張剤」の成分規格について、重金属試験の見直し等の改正
(3) 添加物一般及びタルクについて、安全性を確保する観点から、製造基準を設定
(4) 指定添加物79品目に係る成分規格(80項目)について、試験の操作性の改善及び精度の向上、IUPAC命名法に基づく名称及び構造式、用語、用例等の記載の統一等を目的として各成分規格を改正
(5) 第2 添加物のA、B及びCについて、試験の操作性の改善及び精度の向上、有害試薬の他の試薬への代替、IUPAC命名法に基づく名称及び構造式の記載法や用語、用例等の記載の統一等を目的として、一般試験法を改正
(6) 第2 添加物のE及びFについて、用語、用例等の記載の統一等を目的として、製造基準及び使用基準を改正
などとなっている。

なお、平成30年11月29日までに製造され、加工され、または輸入される添加物については、従前の例によることができる、とし、猶予期間が設けられている。(粗製海水塩化マグネシウムについては、厚生労働大臣が定める日)

 

関連記事

  1. ヘスペリジン研究会、生鮮柑橘類や育種・生産者を取り込み広い視野で…
  2. グルコサミン周辺素材の話題が一堂に
    第14回ファンクショナ…
  3. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  4. 三井製糖―スローカロリーシュガーを“次世代の砂糖”と位置付け積極…
  5. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  6. 食品開発展2017 盛会裡に閉幕
  7. BASF社シトラス工場3月末めどに操業再開へ
    修復状況を専…
  8. 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
PAGE TOP