ヘッドラインニュース

青汁市場、店舗ルート好調 機能性青汁や飲料等人気

1000億円市場を形成する青汁市場で、店舗チャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルの売れ行きが好調、昨年にインバウンドの反動で影響を受けたDgSチャネルも回復基調にあることが、健康産業新聞の取材で分かった。財形は粉末だけでなく、グリーンスムージー、ホット青汁、機能性付加タイプなど、新ジャンルの青汁が市場を賑わせている。2016年の青汁市場は前年比4%増の1050億円。9年連続で拡大しており本誌が市場希望を算出している中で唯一1000億円マーケットとなっている。最終製品は・・・

続きは紙面(2017年8月10日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 米IFT、「低GI値素材」が台頭
  2. 「あるある」捏造問題、健食業界は冷静に対応
  3. 農林水産物の機能性表示 分析法等で「手順書」骨子案
  4. 規制改革要望、厚労省が回答 健食の機能表示認めず
  5. 家計調査9月 健食支出、回復傾向鮮明に 前年同月比18.8%増
  6. 健康飲料から医薬品成分、健康被害が発生
  7. 東洋酵素、アスタキサンチンの供給拡大
  8. 大手3社、シトルリン製品一斉発売  市場形成に向け始動
PAGE TOP