ヘッドラインニュース

健食広告、雑誌は減少 新聞は増加

 大妻女子大学短期大学部の堀口美恵子氏らは、健康食品がどのような媒体を通じて販売されているかを調査した。対象は、「安心」「健康」など11の健康情報誌や、「オレンジページ」「女性自身」など23の女性向け雑誌のほか、折り込みチラシを含む関東4件、関西5件の新聞広告。広告に掲載された健食の数は延べ6500品。平成10年調査と比較したところ、雑誌では減少していたが、新聞では増加していた。女性誌は健食掲載数が3割減少していたという。

関連記事

  1. 九州自然食品協同組合、健康食品フェアに200人
  2. 初の疾病リスク低減型特保、許可に向け大きく前進
  3. 厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約
  4. 家計調査7月、健食支出8・9%減
  5. 厚労省・特別用途食品検討会、来月に中間とりまとめ
  6. 都、ネット上の健食広告監視を全国に拡大
  7. 国家プロジェクトで機能性食品開発 桑、米糠成分、オリーブ等
  8. 厚労省、国による健食認証制度「決定した事実はない」
PAGE TOP