ヘッドラインニュース

健食広告、雑誌は減少 新聞は増加

 大妻女子大学短期大学部の堀口美恵子氏らは、健康食品がどのような媒体を通じて販売されているかを調査した。対象は、「安心」「健康」など11の健康情報誌や、「オレンジページ」「女性自身」など23の女性向け雑誌のほか、折り込みチラシを含む関東4件、関西5件の新聞広告。広告に掲載された健食の数は延べ6500品。平成10年調査と比較したところ、雑誌では減少していたが、新聞では増加していた。女性誌は健食掲載数が3割減少していたという。

関連記事

  1. Ca摂取していても骨密度減少? 吸収率やホルモンが影響
  2. ゲン・コーポレーション、歯垢抑制素材を開発
  3. 16年度、コラーゲン供給量2.5%減 ゼラチンは2%増、5年連続…
  4. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  5. 公取委、健康志向タマゴに監視の目
  6. 健康栄養調査「高齢者の健康」実態把握へ
  7. チャオ債権者説明会、グループ3社合併も
  8. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
PAGE TOP