ヘッドラインニュース

健食広告、雑誌は減少 新聞は増加

 大妻女子大学短期大学部の堀口美恵子氏らは、健康食品がどのような媒体を通じて販売されているかを調査した。対象は、「安心」「健康」など11の健康情報誌や、「オレンジページ」「女性自身」など23の女性向け雑誌のほか、折り込みチラシを含む関東4件、関西5件の新聞広告。広告に掲載された健食の数は延べ6500品。平成10年調査と比較したところ、雑誌では減少していたが、新聞では増加していた。女性誌は健食掲載数が3割減少していたという。

関連記事

  1. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  2. 08年度コラーゲン販売量、1割増の4793トン
  3. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  4. 特保調査会が報告書案、委員から異論 既許可製品の再審査でも紛糾
  5. キリン堂中間期、健食売上14%減 CoQ10需要低迷
  6. ユニチカ、健康食品「サプリード」シリーズ拡充
  7. 国立栄研、α−リポ酸のダイエット効果は「不明」と判断
  8. 欧州、健康強調表示の国際強調で前進 日本孤立か
PAGE TOP