ヘッドラインニュース

健食広告、雑誌は減少 新聞は増加

 大妻女子大学短期大学部の堀口美恵子氏らは、健康食品がどのような媒体を通じて販売されているかを調査した。対象は、「安心」「健康」など11の健康情報誌や、「オレンジページ」「女性自身」など23の女性向け雑誌のほか、折り込みチラシを含む関東4件、関西5件の新聞広告。広告に掲載された健食の数は延べ6500品。平成10年調査と比較したところ、雑誌では減少していたが、新聞では増加していた。女性誌は健食掲載数が3割減少していたという。

関連記事

  1. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  2. 健食支出4ヵ月連続減
  3. 厚労科学研究、アガリチンの解明進む
  4. 都調査、女子校生の7%にダイエット食品使用経験
  5. 特保併用で抗動脈硬化作用 「大豆蛋白+茶カテキンで」
  6. 機能性食品開発で研究成果集
  7. α−リポ酸、TV放映で大ブレイク
  8. エグゼクティブ会議・大阪 サプリ法制定へ一致団結 在阪企業など約…
PAGE TOP