未分類

【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向

yama.jpg

 高齢化が進むなか、ロコモティブシンドロームに対する予防の必要性が強く問われるようになった。来年度からスタートする「第2次健康日本21」では、「元気な高齢者」のためのロコモ対策なども盛り込まれており、産官学が一体となった本格的な取り組みなどにも期待がかかる。

 食品や健康食品市場では、グルコサミンやコンドロイチンを中心とした関節対策マーケットが先行して市場を形成してきたが、それら代表的素材に加え、バラエティに富んだ原料が提案されるようになってきている。さらに、筋肉減少を予防するアミノ酸、骨対策ではビタミンDやKなどの提案も進められている。本稿では、関節対応素材を中心に、骨、筋肉を含めたロコモ対応で注目される素材とサプライヤーを紹介する。


<関節対応素材>

グルコサミンとコンドロイチンは認知度が極めて高いという優位性はあるが、それだけ
では製品の差別化がしづらく、副剤(抗炎症素材など)への工夫がなされている。
■グルコサミン
協和発酵バイオ
甲陽ケミカル
中原
プロテインケミカル
■コンドロイチン硫酸
バイオアクティブズジャパン
ハイドロックス
■コラーゲンペプチド
新田ゼラチン
■非変性Ⅱ型コラーゲン、赤ブドウ種子エキス
龍泉堂
■ボスウェリア セラータ
ティーエストレーディング
横浜油脂工業
■MSM
CICフロンティア
バイオアクティブズジャパン
横浜油脂工業
■オリーブ
エーザイフード・ケミカル
■キャッツクロー、マカ
常磐植物化学研究所
■緑イ貝
サン・メディカ
■ジンジャーエキス
バイオアクティブズジャパン
■西洋ヤナギ
ティーエストレーディング
■SAMe含有酵母
オムニカ
三菱ガス化学
■センシンレンエキス末
青葉貿易
■ハス胚芽エキス
丸善製薬
■プロテオグリカン+アーティチョーク葉エキス
一丸ファルコス
■キャッツクロー+マカ+ドラゴンブラッド
ラティーナ

<筋肉―注目のサルコペニア対策>

高齢者は特に筋肉の維持が重要で、
運動からのアプローチだけでなく栄養からのアプローチも必要
■ロイシン高配合必須アミノ酸
味の素(味の素ヘルシーサプライ)
■オルニチン
協和発酵バイオ
■小麦プロテイン
日清ファルマ
■L-カルニチン
ILS
■HMB
バイオメディカルウェルネス
■核酸
エル・エスコーポレーション

<骨密度・骨質対策素材>

骨密度だけでなく、骨質の重要性も注目されている。
骨密度・骨質を高める素材や、骨代謝に注目した素材など様々
■ビタミンD3&B群
DSMニュートリションジャパン
■ビタミンK
協和発酵バイオ
J-オイルミルズ
■ラクトビオン酸
ユニチカ
■魚鱗由来「プロテタイト」
ミヤコ化学


関連記事

  1. 顕微鏡と画像処理機器の開発
  2. 【支援技術】食品工場の清浄化とエアコントロール
  3. ミネラルの最新市場動向(Ca、Mg、Fe)【
  4. 特別用途食品制度の見直しに商機あり
  5. 有機酸市場の最新動向
  6. ユベリ博士の独創的ダイエット論(10)
  7. 【支援技術】食品産業における搬送技術の最新動向
  8. 食品産業における異物混入対策

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP