バックナンバー

【2016年11月号・特集】次世代型発酵・熟成食品の開発を目指して

s-FP1611_h1.jpg

【11月号特集】次世代型発酵・熟成食品の開発を目指して

■ロードマップと発酵食品データベース開発の現状
農研機構 食品研究部門 北村義明、曲山幸夫

■発酵・熟成をメタボローム解析で紐解く─酒類を例に
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任准教授 杉本昌弘、特任助教 若山正隆

■発酵熟成食品のメタボロミクスアプリケーション
ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株) 戸松創

■発酵食品・熟成食品の味質に寄与するD-アミノ酸について
MCフードスペシャリティーズ(株) 原圭志、岡部唯

 


【連載:過酢酸製剤の利用】
連載第3回
過酢酸製剤による青果物洗浄の可能性について
全国農業協同組合連合会 営農販売企画部 菅原亮子

【連載:機能性表示を巡って】

連載第30回
食品と医薬品の相互作用データベースの現状
城西大学大学院 薬学研究科 医療栄養学専攻 菊地秀与、日比野康英
【産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追うシリーズ48】

高品質・高付加価値を生み出すソフトスチーム加工技術
早稲田大学 環境総合研究センター 客員教授・上級客員研究員 関根正裕(埼玉県産業技術総合センター技術支援室長)
【連載】機能性表示食品の発売動向を追う【13】

機能性表示食品の届出・受理の現状

 


【レポート】

■脳腸相関から考えるこれからの機能性食品開発
京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 内藤裕二

■フード・フォラム・つくば 夏の例会より
生活習慣病予防のための食生活と腸内フローラ食と腸内細菌代謝産物を介した宿主のエネルギー代謝制御
東京農工大学大学院 農学研究院 木村郁夫

 


【編集部記事】

【支援技術】
■高機能食品製造用途とサニタリー化が進む粉粒体技術
■食品・飲料の付加価値を高める分離・ろ過技術

【市場動向】
■天然調味料/■天然色素
■フレーバー 今年の注目点と2017年への提案

関連記事

  1. 7月号特集 食品と脳機能(「フード・フォラム・つくば」より)
  2. 食品のトレーサビリティシステム確立を目指して
  3. 【2015年1月号・特集】簡易・迅速微生物検査法の開発と活用
  4. 【6月号特集】食物アレルゲン検査の現状と課題
  5. 【9月号特集】食品機能性研究の未来を考える
  6. 食品のトレーサビリティシステム確立を目指して
  7. 【6月号特集】抗酸化機能の評価をめぐって
  8. 腸内環境改善素材の開発と利用

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP