バックナンバー

乾燥装置の開発動向【特集】

食品業界における乾燥機の市場動向と乾燥技術の最新動向
食品の乾燥は、古くから利用されている基本的な食品加工技術として広く浸透している。現在利用されている技術としては、熱風乾燥、噴霧乾燥、ベルト乾燥、真空凍結乾燥などが挙げられるが、最近では、噴霧乾燥と造粒、減圧とマイクロ波などを複合化した付加価値の高い乾燥技術の開発が進んでいる。長引く不況の影響により、食品業界の設備投資マインドも低迷を余儀される中で、引き合いはあるものの乾燥機に対する国内需要は相対的に落ち込んでいる。こうした状況下、乾燥機関連メーカーは、省エネ・省スペース、環境対応、サニタリー性の向上に加えて、最終製品に付加価値を生み出す乾燥技術を開発することで、新たな需要創造に注力している。
本稿では、食品業界における乾燥装置の市場動向を踏まえ、多様化・高度化する食品乾燥技術の最新の動きを探る。


●付加価値の高い乾燥装置
大川原製作所
奈良機械製作所
東洋技研
フロイント産業
・日本乾燥機
パウダリング・ジャパン
大川原化工機
パウレック
日本バイオコン

●付加価値の高い乾燥装置
・テクノシグマ
深江パウテック

関連記事

  1. 【2020年12月号】特集/天然調味料を利用した新しい味づくり
  2. 【9月号特集】食品加工の新技術
  3. 食品産業のISO認証取得の動きと審査・コンサル機関
  4. 食機能の評価法
  5. 糖質と健康 「フードフォーラムつくば」より
  6. 【12月号特集】少子・高齢化社会の中の食事・脂質の摂り方を考える…
  7. 【2013年6月号・特集】包装技術から見直す食品・飲料の製品開発…
  8. 【12月号特集】食品加工への過熱蒸気利用技術最前線

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP