技術・機器の記事

温度センサ搭載で確度の高い除菌効果を提供

協和医療器は、様々な現場における食中毒や感染症対策として新たに微酸性電解水生成装置「エルビーノ」の発売を開始した。エルビーノで作られる微酸性電解水(次亜塩素酸水)は、希塩酸に塩化ナトリウム水溶液を加えて適切な濃度に調整した水溶液を無隔膜電解槽で電気分解して生成される。高い除菌効果を保ち、微酸性の為、肌にやさしく、コンパクトな設計で使う場所を選ばないのが特長。

同機のような電気分解して生成する装置は希釈する原水の温度によって充分な除菌効果が得られない場合があるが、同機には温度に合わせて除菌効果を得られる濃度に生成する機能を搭載。加えて地域や各施設の水道環境に合わせて、最適な設置方法にて取付工事を実施する。また、自社検査センターを持つ同社では、機器の故障などで除菌力が低下していないかのアフターメンテナンスはもちろん、従業員や施設全体の衛生管理までトータルでサポートすることも可能となっている。

関連記事

  1. 前川製作所 高効率自然冷媒冷凍機をモデルチェンジ
  2. 日本ウォーターズ、新型HPLCを発表
  3. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  4. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  5. 製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器…
  6. キヤノンITS、異物・品質検査に画像AI技術を採用
    新世代…
  7. 悪臭対策から熱中対策まで作業環境改善をトータルでサポート
  8. 工場内感染予防に効果「エアーサプリ」を開発
    -ヒノキチオー…

おすすめリンク先

PAGE TOP