食品素材の記事

ゲルプレス製法によるイオタカラギナン「SP-100」を紹介

マリン・サイエンスは韓国MSC 社およびマレーシアTACARA社のカラギナンとその製剤を販売しており、特に最近注力するのがMSC社のイオタ製品「SP-100」の紹介。ゲルプレス製法によるイオタカラギナンで、金属イオンとの反応性が良く、しっかり固まるのが特長。分散性も高く現場での作業効率も良い。カッパとの混合でゼリーやプリンへの提案が増えているほか、単品で健康食品分野のカプセル用途に広がっている。

また同社は八王子市にある工場で、ゲル化剤製剤の製造および各種製剤の受託加工を行っている。他のガム類との配合だけでなく調味料との混合も行う。基本は20kgから受けているが、ニーズの多い小分けには10kg(1kg×10)にも対応し、要望に応じた量の荷姿で提供することもできる。昨年9月末にはISO22000認証を取得。製剤化に加え製品設計まで認証範囲としたため、顧客の製品開発のサポートも可能としている。

関連記事

  1. 食品と開発3月号 記事紹介―改めて考えたい「クロレラ」
  2. カーギルジャパン、新ブランドのエリスリトールを販売へ
  3. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  4. ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表
  5. ポリフェノールを含みながらノンカフェイン
    ―美味しさと健…
  6. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  7. GABAの認知機能における有効性を確認
  8. 脂肪肝、メタボ予防に期待高まるアーティチョーク葉抽出物

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP