技術・機器の記事

オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減

荏原実業は、オゾンの測定やコントロール技術を応用し、オゾンガスによって室内を消毒する「MAC-1000」を発売した。

同機は国内で初めて一般名称「オゾンガス消毒器」を取得した医療機器で、オゾンガスによる燻蒸(くんじょう)効果で天井から床まで施設の隅々まで消毒が可能。医療機関や食品製造施設などにおける衛生管理や感染症予防に貢献する。小型・軽量(わずか16kg)のため設置作業も容易。スイッチONでオゾン分解まで全自動操作が行える。同機には新開発のオゾンガスランプを採用し高性能・高信頼性を実現。長期安定したオゾンガスを発生する。オゾンインジケータでオゾン濃度の検証も行える。

また、消毒は夜間など無人時に行うが、同機は高性能オゾン分解フィルタの搭載により、従来のオゾン分解触媒に比べ飛躍的にオゾンガスの分解を促すため人体に対するオゾンの影響の懸念がない。また、酵素HEPAフィルタの搭載により室内の浮遊菌を高効率に捕集し殺菌・不活化する。

関連記事

  1. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー
  2. 独自AIで捕獲昆虫のカウントと種別判定を実現
    新型LED捕…
  3. 測定精度・再現性・使用感をブラッシュアップしたハイスペック温度計…
  4. 飲食など様々なにおいに対応するポータブルオゾン脱臭器
  5. 二酸化塩素の業務用クレベリン定額販売開始
  6. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  7. 全自動強制手洗器をリニューアルHACCP対策に親和性高まる
  8. 研究開発からパイロットプラントまで対応可能なUHT熱交換器装置

おすすめリンク先

PAGE TOP