未分類

オゾンによる除菌・消臭作用の利用技術

末端市場で1兆円を超えた健康食品市場の景気を受け、受託製造分野も前年比10%以上の売上増を記録したメーカーが約4割に上るなど活況を呈している。
行政の動きも、今後更なる健康食品の需要の増加が見込まれることから、東京都が健康食品類の法的な再分類の必要性を唱え、研究開発を推進する税制整備、構造改革特区の活用などを国に提言するなど、規制の緩和、新制度の発足に向け、活発化している。


●受託製造メーカー
アピ
磐田化学工業
エステック
カーディナルヘルス・ジャパン408
角光化成
セイシン企業
サカイ製薬
中日本カプセル
バイオックス

●受託製造メーカー
ビーエイチエヌ
フロイント産業

関連記事

  1. 食品産業の殺菌技術と装置開発
  2. 海外開発トピックス
  3. 食品用乳化剤の市場動向
  4. 【支援技術】食品産業における用水・排水処理技術
  5. 【6月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(32)
    機能…
  6. 青汁の好調で伸びるグリーンフーズ素材
  7. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  8. 【6月号】ポリフェノール食品・素材の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP