技術・機器の記事

ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず

ファインバブル産業界(FBIA)は、ファインバブル技術に関する用語の定義がISOにて規格化されたことを発表した。

日本が提案してきた気泡の発生や計測に関する規格のうち、技術的に重要となる基本規格でISO第1号となる。FBIAではこれを機に、日本主導により規格に適合する技術の普及を国内外に普及させていく構えだ。計測方法や応用に関する規格化に向けても取り組んでおり、2018年度には計測方法の規格化を目指すとしている。

ISO規格では、直径0.1mmより小さな泡をファインバブルと定義。さらにファインバブルは、1μm以上100μm未満をマイクロバブル、1μm未満をウルトラファインバブルとして区別する。マイクロバブルは、水が白く濁ったようになり目で確認できるが、ウルトラファインバブルは、肉眼で見ることができない大きさ。

なお、一般的な「ナノバブル」という用語は使わず「ウルトラファインバブル」を強く推奨することもあわせて決定した。

関連記事

  1. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  2. ノロ対策で食添殺菌料活用ソリューションの提案を加速
  3. 回転型通気乾燥装置が高品質乾燥製品の加工で評価高める
  4. HACCP機能を搭載した防水型デジタル温度計を発売―佐藤計量器製…
  5. 1時間に12サンプル抽出を実現する自動高圧溶媒抽出装置
  6. GMP対応機能搭載の高機能水分計をお披露目
  7. 無電源で使用場所を選ばない除菌水生成装置
  8. 圧力伝達用封入液を不要にした新型圧力トランスミッタ
PAGE TOP