関連トピックス

BASF社シトラス工場3月末めどに操業再開へ
修復状況を専用サイトで公開  大規模火災事故の復旧を急ピッチに

BASF社は、昨年10月に火災事故の発生したドイツ・ルートウィヒハーフェンのシトラール工場について、操業再開が早くて3月末となる見通しを明らかにした。

シトラールを原料に製造するビタミンAやビタミンE、カロテノイド類については、シトラール生産再開後、中間体が利用可能となる段階で製造を再開できる、としている。修理作業の進捗状況については、このほど立ち上げたウェブサイト www.basf.com/citral-plant で定期的に更新し、周知していく予定だ。

シトラール工場の火災は、定修明けの操業準備を進めていた昨年10月31日未明に発生。合理的な制御を超えた技術機器の故障が原因とされ、生産プロセスを司る主要な電気部品が破損するなど操業不能に陥り、シトラールやイソプレノールベースの香料中間体、ビタミンAとビタミンE、およびいくつかのカロテノイド製品について不可抗力宣言をしていた。

現在、火災や煙によりダメージのあったシトラール製造のセクションを洗浄し、汚染物質がないかチェックするなど修復作業を鋭意進行中。アロマ事業については、シトラール工場の開始後、4~8週間以内の再開を予定しており、残りの製品 (例: 酢酸)については、その次の段階での早い時期との見解を示している。また、医薬・化粧品・食品や飼料などに利用されるビタミンAやビタミンE、カロテノイド類ついては、シトラール工場再開ののち、6~12週間で出荷、配送まで漕ぎつけたいとしている。

シトラールは、レモンやオレンジに含まれるモノテルペンアルデヒドの一種。強いレモンの香りをもつ油性液体で、脂溶性ビタミンの合成原料やレモン香料などに用いられる。

関連記事

  1. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  2. 黒ウコンのポリメトキシフラボノイドがSIRT1を活性化する
  3. デュポン、イノベーション&アプリケーションセンター竣工式
  4. 機能性食品に関連する研究が一堂に、「第16回ファンクショナルフー…
  5. 食品と開発 ニュース 機能性表示食品で初、免疫機能を表示した製品が受理
  6. 一丸ファルコス、SDGsに関するWebセミナーを4/20に開催
  7. 太陽化学、ICoFF2019でグアーガム分解物の腸内環境への影響…
  8. 食品開発展オンライン Webサイトオープンしました

おすすめリンク先

PAGE TOP