関連トピックス

新工場「インテリジェンスパーク」起工式を挙行―東洋新薬

東洋新薬では2月20日に、佐賀県鳥栖市に建設する新工場「インテリジェンスパーク」の起工式を行った。

インテリジェンスパークは、健康食品および化粧品の製造と研究開発を事業内容として建設される新工場で、健康食品、化粧品の受託製造件数の増加に対応し、生産体制を強化する目的。延床面積は約22,000平米で、2019年春の操業を予定している。

新工場の名称である「インテリジェンスパーク」とは、同社の「経験・ノウハウ(情報)」と「それを動かす能力(知能・技能)を融合し、知識・技術が高度に集積された次世代の生産拠点を目指す、という想いが込められている。

関連記事

  1. キミカ、 第4回「ジャパンSDGsアワード」特別賞(SDGsパー…
  2. 扶桑化学工業、CVCへの出資を発表
  3. 食品添加物を不安に思うきっかけ「無添加表示」が第1位 食品安全委…
  4. 神奈川歯科大学、ポリデキストロースの新機能を発見―腸内発酵により…
  5. 林原、トレハロースシンポジウムを11/9に開催
  6. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…
  7. 結晶セルロース Galacticジャパン、6月から営業活動を開始へ
  8. スポーツニュートリション カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…

おすすめリンク先

PAGE TOP