関連トピックス

新工場「インテリジェンスパーク」起工式を挙行―東洋新薬

東洋新薬では2月20日に、佐賀県鳥栖市に建設する新工場「インテリジェンスパーク」の起工式を行った。

インテリジェンスパークは、健康食品および化粧品の製造と研究開発を事業内容として建設される新工場で、健康食品、化粧品の受託製造件数の増加に対応し、生産体制を強化する目的。延床面積は約22,000平米で、2019年春の操業を予定している。

新工場の名称である「インテリジェンスパーク」とは、同社の「経験・ノウハウ(情報)」と「それを動かす能力(知能・技能)を融合し、知識・技術が高度に集積された次世代の生産拠点を目指す、という想いが込められている。

関連記事

  1. 腸内環境のために注目したい「MAC」(腸内細菌に届く炭水化物)
  2. 物産フードサイエンス、ケストースの研究と実用化で日本栄養・食糧学…
  3. 結晶セルロース 日本人の食事摂取基準(2020年版)、第1回の策定検討会開催
  4. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始
  5. 太陽化学のサンファイバー®が自閉症スペクトラム障害児童の腸内環境…
  6. 腸内細菌叢のバランスが崩れる「ディスバイオーシス」が引き起こす疾…
  7. 様々な分野で多彩な機能の研究が進む―第22回 トレハロースシンポ…
  8. 第40回記念講演会を3月14日(木)に開催
    食品安全行政や…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP