関連トピックス

新工場「インテリジェンスパーク」起工式を挙行―東洋新薬

東洋新薬では2月20日に、佐賀県鳥栖市に建設する新工場「インテリジェンスパーク」の起工式を行った。

インテリジェンスパークは、健康食品および化粧品の製造と研究開発を事業内容として建設される新工場で、健康食品、化粧品の受託製造件数の増加に対応し、生産体制を強化する目的。延床面積は約22,000平米で、2019年春の操業を予定している。

新工場の名称である「インテリジェンスパーク」とは、同社の「経験・ノウハウ(情報)」と「それを動かす能力(知能・技能)を融合し、知識・技術が高度に集積された次世代の生産拠点を目指す、という想いが込められている。

関連記事

  1. 「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
     話題R…
  2.  第9版食品添加物公定書が告示
  3. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”
  4. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  5. ヘルスケア分野の新規サービス開発に向けた協業を開始
    ―De…
  6. 卓上甘味料だけでなく料理にも使えるアガベシロップ、今後の拡大に期…
  7. 国際汎用添加物、未指定3品の取組中断を公表
  8. 高齢者のたんぱく質、1歳以上のビタミンDの設定値など引き上げ

おすすめリンク先

PAGE TOP