関連トピックス

カナダから食品関連企業54団体が来日予定

3月のFOODEX JAPANに合わせ、カナダの食品関連企業54団体が来日を予定しており、それに先駆け、カナダ大使館ではメディア向けに来日団体についての説明会を20日に行った。

来日企業を扱い製品別に見ると、メープルシロップ関連企業が最も多く10社を占め、健康食品やブルーベリー、クランベリーなどのフルーツ関連製品を取り扱う企業が10社、その他、大麦などの穀物や肉関連、シーフード関連企業も。

原材料・素材を扱っている企業も多数あり、キヌア製品を扱うNorthern Quinoa Products社や、そら豆製品を扱うPrairie Fava社などがある。今年のカナダのインベストメント・チャンピオン・プログラムの1つとして、植物性プロテインクラスターが任命されており、欧米で高齢者へのたんぱくの必要性が叫ばれるなか、そら豆などの植物性たんぱくの輸出に力が入る。

また、カナダのオーガニック団体、カナダ・オーガニック・トレード・アソシエーション(COTA)も来日予定で、今後拡大すると予想される日本のオーガニック市場へのカナダ製品の拡大に力を入れる。

来日団体は来日期間中、展示会への出展や国内バイヤーなどを集めたレセプションなどへの参加を予定しており、日本での更なるビジネスの拡大を狙う。

関連記事

  1. 東京都立産業技術研究センターが、7技術分野・66技術シーズの情報…
  2. グアーガム分解物のマウスにおけるサルコペニア肥満抑制効果を発表
  3. 三菱商事ライフサイエンスと伊藤ハム、合弁で畜肉エキス・調味料工場…
  4. 太陽化学、免疫・栄養研究のため京都府立医科大学に寄付講座を開設
  5. 結晶セルロース HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  6. DHA・EPA協議会 公開講演会 開催
  7. えごま油の機能性研究で麻布大学に「機能性脂質学研究室」を開設
  8. 森永乳業、アラビアガムがビフィズス菌を増やす仕組みを解明(鹿児島…

おすすめリンク先

PAGE TOP