関連トピックス

カナダから食品関連企業54団体が来日予定

3月のFOODEX JAPANに合わせ、カナダの食品関連企業54団体が来日を予定しており、それに先駆け、カナダ大使館ではメディア向けに来日団体についての説明会を20日に行った。

来日企業を扱い製品別に見ると、メープルシロップ関連企業が最も多く10社を占め、健康食品やブルーベリー、クランベリーなどのフルーツ関連製品を取り扱う企業が10社、その他、大麦などの穀物や肉関連、シーフード関連企業も。

原材料・素材を扱っている企業も多数あり、キヌア製品を扱うNorthern Quinoa Products社や、そら豆製品を扱うPrairie Fava社などがある。今年のカナダのインベストメント・チャンピオン・プログラムの1つとして、植物性プロテインクラスターが任命されており、欧米で高齢者へのたんぱくの必要性が叫ばれるなか、そら豆などの植物性たんぱくの輸出に力が入る。

また、カナダのオーガニック団体、カナダ・オーガニック・トレード・アソシエーション(COTA)も来日予定で、今後拡大すると予想される日本のオーガニック市場へのカナダ製品の拡大に力を入れる。

来日団体は来日期間中、展示会への出展や国内バイヤーなどを集めたレセプションなどへの参加を予定しており、日本での更なるビジネスの拡大を狙う。

関連記事

  1. 有名洋菓子メーカーの情報システム部長も講演
    参加無料の「…
  2. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”
  3. BASF、第1回「Newtrition Health Innov…
  4. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  5. 全国はちみつ公取協が会員企業に義務付け
    「1歳未満の乳児に…
  6. ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維…
  7. 「EHEDG」認証機関の早期承認を目指す
    日食工賀詞交歓会…
  8. カリフォルニア・レーズンの前処理方法とその活用についてのセミナー…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP