未分類

クロマト分析技術の最新動向

食品の安全志向の高まりで、食品添加物、残留農薬、環境ホルモンなどの微量成分分析の機会が急速に拡大している。クロマトは、以前から食品分析で多用されている技術だが、近年の迅速、簡便、高感度分析、さらに環境対応ニーズを受け、前処理技術の改良、検出器の開発、カラムの性能アップ、さらにMSとの組み合わせなど様々な技術の進展が見られるようになっている。 本稿では最新のクロマト分析技術の動向を見ていく。


●注目の機器メーカー1
関東化学
ジーエルサイエンス
東亜ディーケーケー
日本ダイオネクス
・日本ビュッヒ

●注目の機器メーカー2
日本分光
野村化学
日立ハイテクノロジーズ
ワイエムシィ
和光純薬工業

関連記事

  1. 【3月号】健康食品市場動向と素材・技術研究
  2. ユベリ博士の独創的ダイエット論<最終回>
  3. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究2
  4. 【1月号】大豆由来素材の最新動向
  5. 新素材レポート
  6. 海外開発トピックス
  7. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  8. 【1月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(13)
    食…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP