未分類

食物繊維素材の開発動向

機能性食品のキー素材として利用が進む
食物繊維は我々の食生活において不足しがちな栄養素として、第6次改定栄養所要量においては、1日当たりの目標摂取量が成人で20~25gと設定されている。だが、ここ数年の国民栄養調査から算出した食物繊維の摂取量を見ても、改善方向に向かっているとはまだまだ言い難い。一方で、食物繊維の持つ各種疾病予防作用が明らかになる中、その機能性を利用した食品の開発も進んでおり、特定保健用食品、プレバイオティクス訴求製品など様々な形態の食品に利用されている。また、繊維強化目的に比べ一品当たりの使用量は少ないが、保水性・保型性、安定性などの物性改良用途も安定した動きである。
本稿では、各種食物繊維素材の利用動向と市場環境などについてみていく。


●注目の食物繊維素材サプライヤー1
松谷化学工業
・ロケットジャパン
・ダニスコジャパン
太陽化学
三栄源エフ・エフ・アイ
・コロイドナチュレルジャパン
日本食品化工
日本シイベルヘグナー(オラフティ)
フジ日本精糖

●注目の食物繊維素材サプライヤー2
日本甜菜製糖
旭化成ケミカルズ
オルガノ
伊那食品工業
ダイセル化学工業
キッコーマン

関連記事

  1. 【9月号】冷え性・血流改善素材の最新動向
  2. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ4
  3. 高度化する食品産業の粉粒体加工技術
  4. 【新素材レポ】グルコサミンの最新機能研究情報と安全性
  5. 【10月号】脳機能改善素材の動向
  6. 【8月号素材レポ】『Compound K』を高含有する「醗酵紅参…
  7. 迷走する健康食品の安全性ガイドライン
  8. 食品開発展、機能性・安全性の世界的な展示会として注目集める

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP