未分類

食品分野における粘度・粘弾計測機器の開発

食品のレオロジーは、硬さ、粘り、弾力性などの性質が複雑に絡み合っており、多角的に評価される。レオロジーはテクスチャーのみならず、放置時の経時的変化、温度による物性変化の指標にも活用されている。
96年には特別用途食品の高齢者用食品の物性規格値として硬さと粘度が示され、食品の規格として初めてレオロジー測定値が採用された。高齢者用食品、介護食の開発などが本格化する中で、レオロジー測定はさらに重要性を増してくると思われる。
本稿では、食品レオロジー測定のための粘度・粘弾計測器のハードとソフトの開発動向をみていく。


●主な粘度・粘弾計測機器関連企業
エー・アンド・デイ
サン科学
CBCマテリアルズ
島津製作所
山電

関連記事

  1. 食品分野における天びん・はかりの最新動向
  2. 【素材レポ】オリーブ果実抽出物「HIDROX6%」の機能性と食品…
  3. 【4月号】シュガーレス・低カロリー食品と素材の市場動向
  4. 海外開発トピックス
  5. 【市場動向】機能性甘味料の最新市場動向
  6. 【市場動向】抗メタボ・ダイエット素材の市場動向
  7. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  8. 【7月号】日持向上剤・保存料製剤の市場動向

おすすめリンク先

PAGE TOP